★イベントtop / 蔵のまち川越の経験から / 龍ケ崎、歩く歴史講座 / 赤レンガ西洋館ほか女化歴史探訪 / 龍ヶ崎の近代建築物とベーハ小屋 / 龍ケ崎竹内農場西洋館見学ツアー / 茨城県稲敷市等の古民家の保存活用 / 第2回 女化、歩く歴史講座 / 第2回竹内農場西洋館フォーラム / 女化、歩く歴史講座 / 江戸時代の俳人杉野翠兄講演会「龍ケ崎に翠兄あり!」 / 竹内農場西洋館見学会&フォーラム / 市民活動センター主催講座 / 真中さんを囲む会 / 旧竹内農場西洋館イベント

これまで行った数々のイベント

市民活動センター主催 龍ケ崎、歩く歴史講座

 事業区分:コラボ事業/市民活動センター

2020年12月 龍ケ崎、歩く歴史講座資料PDF

2020年12月5日(土)旧諸岡邸赤レンガ門塀や旧小野瀬邸、大統寺等を巡り、楽しく歩きながら龍ケ崎の歴史を学ぼう!をキャッチフレーズに、「龍ケ崎、歩く歴史講座」が小雨が降る中開催いたしました。悪天候にも関わらず、参加者はほぼ予定通り25名(スタッフを含め)となりました。

登録文化財旧諸岡邸赤レンガ門・塀は赤レンガ保存実行委員会の久保田房子さんから移築までの経緯やその歴史について詳しく説明をしていただきました。

筑波庵、登録文化財旧小野瀬邸、龍ケ崎城跡、陣屋跡、鹿島神社、大統寺、八坂神社は当会の代表前田が案内役を務めました。
筑波庵では杉野翠兄が開いた江戸期の貴重な俳句道場であることを力説。
旧小野瀬邸は普段は外からだけの見学となりますが、今回は所有者と相談し、登録文化財である店舗部分のみを解放していただき見学をすることが出来ました。
龍ケ崎城跡は何も残っておりませんが、かつての水堀に沿って歩き、土岐氏の氏神様大日社があった御岳神社まで行き、ここが龍が峰の東端であることを確認しました。そして本丸付近を推測しながら、空堀や土橋、馬出しがあった場所を確認し陣屋跡へと歩きました。そして竜ケ崎二高へ向うため富士見坂を登りました。中城というわる広い曲輪跡に建つ竜ケ崎二高では10分間のトイレ休憩。ここで思わぬ二高生徒の歓迎を受けました。そして龍が峰の西端に当たる鹿島神社の社殿は明治時代に焼失し小さな祠しかありませんが境内に灯篭や狛犬が残り、僅かながら曲輪の名残が感じられ往時を偲びました。

今回は龍ケ崎の歴史を語る上で骨格ともいえるコースを選び、支配者が下河辺氏、土岐氏、伊達氏と続くまちの歴史について学習出来たと思います。

参加者の中には遠方から来られた方もおられ、初体験の龍ケ崎散策を堪能していただきました。市内から参加された方も、初めて聞くことも多く、興味深く耳を傾けていただきました。また、龍ケ崎城跡内に所在する竜ケ崎二高の生徒の方にもご協力をいただき楽しく歴史探訪をすることが出来ました。ご協力いただいた皆様に感謝いたします。

主催:龍ケ崎市市民活動センター
共催:龍ケ崎市教育委員会
共催:NPO法人龍ケ崎の価値ある建造物を保存する市民の会

登録文化財 旧諸岡邸赤レンガ門・塀
筑波庵(杉野威翠兄旧宅)
登録文化財 旧小野瀬邸
龍ケ崎城址 本丸付近
仙台伊達藩龍ケ崎領陣屋跡
鹿島神社
大統寺
八坂神社