江戸時代の俳人杉野翠兄講演会「龍ケ崎に翠兄あり!」

この講演会の告知  「 筑波庵翠兄の俳諧活動 」講演会資料

2月24日(土)PM2時~4時 於ける龍ケ崎市文化会館小ホールにて、江戸時代の俳人、杉野翠兄講演会「龍ケ崎に翠兄あり」を開催しました。
参加者約70名、常磐大学二村博先生の 「筑波庵翠兄の俳諧活動」では、翠兄は、小林一茶に劣らない偉大な俳人で、正統派であったと力説されました。
そして流通経済大学の中原篤徳先生の「杉野翠兄旧宅を保存することの意義 」では、筑波庵(杉野翠兄旧宅)は現存する数少ない学校(道場)であることを話され、大変貴重な屋敷であることを力説されました。
参加者数こそやや少なかったけど、内容のある素晴らしい講演会となりました。
また、来賓として来ていただいた 中山市長からは、私たちの活動への感謝のお言葉をいただきました。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、座ってる(複数の人)、室内

アンケートの結果は、大変良かったが圧倒的に多く、筑波庵(杉野翠兄旧宅)の保存を願う意見がたくさんありました。
今回の講演で杉野翠兄は知名度こそ劣るが、小林一茶に決して負けていない正統派俳人で、龍ケ崎がもっと誇っても良い偉人であると感じました。
これで、筑波庵(杉野翠兄旧宅)保存への機運が高まれば良いと思います。