「保存事業」カテゴリーアーカイブ

読売新聞茨城版「ただいま活動中」に掲載

本日の読売新聞茨城版「ただいま活動中」というコーナーで、私たち「NPO龍ケ崎の価値ある建造物を保存する市民の会」の活動の一つが、「杉野翆兄旧宅残す道探る」というタイトルで紹介されました。
前回の「竹内農場西洋館」に続いて今年2度目になります。

度々の掲載、読売新聞さんありがとうございます。

読売新聞の取材

読売新聞から「旧竹内農場西洋館の保存運動を取材したい」とのことで、3月18日の定例会に来ていただきました。

どのように保存したいのか? NPO法人としての方向性は? 建物の特徴は?
約1時間、特にNPO法人としての保存運動の取り組みについて質問を受けました。

前田(理事長)がNPO法人としての取り組みのほか、竹内農場の歴史や、竹内明太郎(農場運営者)についてお話ししました。
宮﨑(副理事長-一級建築士)が建物の特長やレンガの産地についてお話ししました。

掲載されましたら改めてお知らせします。

龍ケ崎市市民活動センター小会議室にて
窓側、向かって左が前田 右が読売新聞さん

杉野翠兄旧宅の調査

文化財修復保護の専門家で当NPO法人の顧問神戸信俊先生に来ていただき、江戸時代の俳人杉野翠兄旧宅の調査をしていただきました。
保存の方法はいろいろあるが、史跡として残すのが一番であろう。まちづくりという都市計画の大きな枠組みの中で考えると上手くいくかもしれない。と、アドバイスをいただきました。