「保存事業」カテゴリーアーカイブ

住まいとコミュニティづくり活動助成

2019年度の「住まいとコミュニティづくり活動助成」の 助成団体が ハウジングアンドコミュニティ財団より公表されました。

http://www.hc-zaidan.or.jp/pdf/organizations/josei27dantai0.pdf

当NPO法人は、西洋館(竹内明太郎別荘)の冊子作り事業で 「地域・コミュニティ活動助成」の対象団体に選ばれました。

冊子は30ページ程度で、1万冊作成し龍ケ崎市内近郊の公共施設及び書店等で無料配布を計画しております。4月から作業を開始し翌2月には製本が完了、3月から配布する予定でおります。

杉野翠兄旧宅調査

「杉野翠兄旧宅を保存することの意義」
講演会の最終確認のため、中原篤徳先生に付き合いました。
新発見も色々とあり、史跡としての価値だけでなく、意匠に凝っていて建物としての価値も充分有ると。
その内容については、
2月24日(日) PM2時から文化会館小ホールにて開催の
江戸時代の俳人、杉野翠兄講演会にてお話し頂けると思います。

定例会に筑波技術大学名誉教授の藤澤正視先生が参加

本日のNPO龍ケ崎建物保存会の定例会に筑波技術大学名誉教授の藤澤正視先生がゲスト参加されました。
世界遺産マチュピチュの調査保全をされたという凄い経歴の先生で、文化遺産保全の専門家です。(写真-手前左)
私たちの活動に大変興味を持っているとのこと。
定例会の後、竹内農場西洋館にご案内しました。

2018年度総会

本日午後3時より、NPO法人龍ケ崎の価値ある建造物を保存する市民の会年次総会開催!!
.
出席者17名、委任状23名ということで、過半数以上の参加ありということで成立。
.
昨年度事業報告と会計報告の承認と、 来年度の活動予定が承認されました。